がん保険比較のポイント4 診断給付金の支払い回数

がん保険の基本保障で非常に大事な給付金は、がん診断給付金と言えます。 がんと診断された時に、一時的に仕事を休まなければならないなど収入が途絶えてしまう方もいらっしゃるでしょう。 入院の準備や当面の生活費を確保するなど、急にお金の心配に見舞われることががん羅患当初の最大のリスクとなってしまいます。 現在販売されているがん保険は、基本保障としてがん保険診断給付金が支給されるようになっているものがほとんどになりますが、一部のがん保険には診断給付のないがん保険があります。 保険料が安いからといってがん保険を勧められることもあるかと思いますが、がん診断給付金が支給されるかどうかは、必ず確認しておきましょう。 通常のがん診断給付金は、がんと診断されて入院するケースに支給されますが、入院しない場合でも支給されるがん保険も登場しています。 いずれにしてもどんな条件で給付金が支給されるのかは、必ず確認してから加入しましょう。 そしてがん保険のなかには、支給回数が1回だけのものと、一定の期間をはさんで何回でも支給されるものとがあります。 最近のがん保険では、診断給付金の支払回数が無制限のものもあります。 このタイプのがん保険は、支給回数が1回のがん保険と比べると保険料がやや高くはなりますが、再発することが多いがんに備えるのであれば支払回数が無制限のタイプの方が安心です。 2回目以降の給付金の受け取り条件については、2年以上継続して入院していた場合に支給されるなど、がん保険によって違いがあるので注意が必要です。 がん保険を比較する場合は、がん再発で診断給付を受ける場合の支払事由についても必ず確認をしましょう。



none




Copyright © olo-6k.com 2011